CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

weeds grow apace

役に立たない情報を敢えて配信
レジ変更
店ではsquareのサービスを使ってカード決済が利用できるようにしてるのですが、先日、急にレシートがプリントされなくなってしまいました。。

楽天のスマートペイは問題なくプリントできてるので、iPadとプリンターの間の問題ではなく、squareのアプリの問題なんでしょう。

POSレジとして絶えず使用してるので、不具合が解決されるまでの間気長に待つことは出来ないので、すぐさま違うアプリに変更しました。


リクルートのairレジですが使い勝手はまあまあ良いです。

一緒に使えるairペイはJCBも利用できるので、squareとスマートペイを併用する必要もなし。

今まではJCBの時だけスマートペイを使ってたので、操作もかなり慌ただしかったのです。。

square同様クラウド会計のfreeeとも連携できるし、もうすぐ電子マネーにも対応する予定なので、これまで混戦状態(うちの店では)だったカード決済システムですが、airレジの勝利のようです…。
| appliances | 15:41 | comments(0) | - |
ICチップ対応
購入しました。

squareのICチップ対応カードリーダーは、楽天スマートペイと違って、今まで通りiPadのイヤホンジャックに差し込む仕様です。

一回り大きくなった事以外は違いが感じられませんが、これでICチップのみで磁気ストライプが付いてないクレジットカードも読み取れます…。

が、相変わらずJCBは利用できないので、JCBの時はスマートペイは使わなくてはいけないのと、今度のリーダーは充電が必要!

いざ使おうとした時に充電が切れてると使用できないので、常に電池の残量は気にしなくてはいけなくて、これが意外とネックです。

それぞれ一長一短で悩まされます。。
| appliances | 09:59 | comments(0) | - |
すごく時間がかかった。
kusa開店当時から使用してたレジスターとお別れして、iPadでのレジアプリに切り替えました。


1年以上前から目論んでいたのですが、設定や導入するタイミングがなかなか掴めずに延び延びになってました。

カード決済で既に使用してるsquareのレジ機能を利用してます。

リアルタイムで統計などが見えるので、使い方次第ではかなり便利に。

会計アプリのfreeeとも連携してるので、日々の売り上げの記帳という手間が減るのもありがたいところ。

ただ、まだ慣れない面もあるので、ちょっとまごつきそうです。。
| appliances | 13:09 | comments(0) | - |
貰いました
楽天スマートペイのICチップ対応のリーダーが送られてきました。

前の機種はこの秋に使えなくなるらしいので、この新しいリーダーを用意しなくてはいけないのは知ってましたが。

買えば8000円近くするらしいけど、きっとそのうち無料で配布するのだろうと思ってたら、やっぱりそういうシステムだったらしいです。

本当は赤が良かったんですけど…
| appliances | 18:30 | comments(0) | - |
途中から
ギリギリ間に合った。

店ではお花の名前と価格をラベルに印刷して表示しておりまして。

それはファイルメーカーというソフトで、仕入れされる花材を一括して管理していて、毎度必要なラベルをプリントアウトするようにしてます。

でも、その時によって印刷する数は違うので、当然半端なラベルがこんな感じで発生します。

今まではハガキサイズの一枚12面のラベル用紙を使用してたので、まあ、半端になっても大した数ではないので、手作業で貼り変えたりしながら上手く半端ラベルも使ってたのですが、この度メーカーさんが、その愛用してるラベルの製造を終了したとの案内が…!

ハガキサイズの用紙を使い切る前に対応しなければならなくなりました。。

ということで試行錯誤しながら、半端なラベル用紙を途中から印刷するための新しいスクリプトを作ってみました。

素人なのでかなり不恰好なスクリプトなんだろうなと自覚はしております。

後で自分でもこの時何をしたのか憶えてなくて、今後何か修正しようとした時に手が付けられなくなったりするので、記録を残しておこうと思います。

一枚65面のラベル用紙なので、全く空白のレコードを予め65個作っておきました。

そのレコードは白紙判別用のフィールドに"白紙"と入力されてることが他のレコードとの違いで、後は指定された数だけ印刷時にそのレコードも現れるという仕掛けです。

というわけで印刷するレコードの入力が終わったら、

使用済みラベル数を入力してやり、

印刷すると用紙の途中から印刷できるという感じ。

この方法で今後も運用していけると思うのですが、それにしても思いつくまで相当悩んだ。

本当はもっと単純で便利な機能が予め用意されてるんじゃないかと何度もググってみたりしたが見つからず。

でも65面もあるラベルを丁度使い切ることなんてないだろうし、皆さん本当にこんな面倒くさい事してるのだろうか??
| appliances | 13:51 | comments(2) | - |
receipt
クレジットカードで決済されるお客様が多くなってきました。

当店ではiPadのアプリを使って決済手続きをしていただき、レシートはお客様の携帯端末にメールで送るというスタイルなのですが、これがなかなかバシッといかないものです。

SMSに記載のリンクが開けなかったり、楽天の方はメルアドを打たなくてはいけなかったり、そもそもガラケーだと無理だったり…

それにやっぱり紙のレシートがなければ不便という方も結構多いと思うので、この度、思い切ってレシートプリンターを導入しました。

楽天スマートペイ経由で購入するとかなり安く買えるのでお得です。

今はsquareの同様のサービスも併用していて、このプリンターはそちらの方でも使えるので、ちゃっかり利用しております。

使い勝手はかなりシンプルで、大きさも
モバイルタイプなのでかなりコンパクトです。

端末とはBluetooth接続なので、本当に外に持って歩くのには便利でしょう。(持ち歩く予定はありませんが)

使い心地がよければ、もっとレジアプリを活用して、メインのレシートプリンターとして使ってみようかなと考えてます。


| appliances | 15:00 | comments(0) | - |
深刻…。
毎年確定申告には苦しめられるのですが、いつも悩みながらやってるうちに、去年も同じことを調べながらやってたな、と後から色々思い出し、終始強烈なデジャビュを憶えながらも何一つ経験を活かせないままやり終えるということを繰り返してるような気がします。

e-taxは複雑な上に、自分の方も毎年使う会計ソフトが変わってたりしてうまく使いこなせてないというのがあるのですが。

ここ数年、この時のためだけにWindowsを起動してるのですが、起動するたびにルーターが不調になります。

きっとブートキャンプだとMacの方ともmacアドレスを共有してるので、それが原因なんでしょう。

この局面をWindowsなしで乗り切ったらもう使わなくて良さそうなので、なんとかMacで挑戦したいところです。

今年はfreeeを使って初めての決算なので、その辺の使い勝手の良さに強く期待してます。

そして今年はちょっとでも記録を残して、来年になったら、決算する前にこの記事を読み返そうかなと思います。

ところが、そのfreeeで決算書類を作成しても、案内を読み進めていくと、最後にはプリントアウトして郵送で税務署に送付するという流れになってるんですけど…?

iPhoneでも申告が出来ますとかいう案内も最近届いてたのですが、もちろんiPhoneから直接e-taxで送信出来るわけでもなく、結局最後はPDF書類を印刷するってなってるし。

ここまでやってきて今更プリントアウトして申告なんかしたくない、と思ってしまいました。

まあ、すぐ近くの会場で確定申告の受付してるんですが…。

でもちゃんと調べてみると、やはりe-tax用ファイルを出力して、オンラインで申告する方法はあるので、それでやってみようかと。

国税局のホームページからe-taxソフトをインストールして、そのソフトから送信したらいいのかなと考えたのですが、こちらはMac非対応で、その上使いこなすのは難しいらしく、ダウンロードするページでも、遠回しに、一般の人には進められないようなニュアンスの案内がしてあります。

もう一つの方法の、e-taxソフトWEB版を使って、ネット上で送信という方法は簡単そうなのですが、そのWEB版の案内には、どこを見ても決算書と確定申告書の送信を受け付けてるとは書いてないのですが??

でもfreeeではその方法を紹介してるページがあったので、それでやってみようと思います。

この、可能なんだけど積極的には勧めていない、という感じは物凄く不安にさせるのですが、やってみない事には何も進まないので、取り敢えずやってみようと思います。

ここから、freeeで出力したコンピュータ上のファイルを選択して、電子署名を付けて送信です。


ちなみにこのカードリーダライターは非接触型というタイプなんですが、今年Mac用に初めて導入。

自分の住基カードが非接触でも署名できるのかということも、市のホームページを調べても結局よく分からず、購入したもののノートのYosemite にはインストール出来なかったので、mountainLionの方に接続。

でもここからが苦難の連続でした。

リーダライターのインストールは完了しても、電子署名に至るまでのプロセスが多い上に複雑すぎる!

本当に皆さんこんな事やってるのでしょうか??

javaのセキュリティ設定をいじってみたり試行錯誤が続き、最終的にはエラーメッセージが何度も表示されるという異常な挙動を振舞われながらもなんとか署名には成功したようです。

送信結果を閲覧しても受け付け完了してるようだし…

これで税務署からお叱りがなければこのやり方で大丈夫って事ですね??

複雑すぎる!ので来年はやっぱりWindowsで送信しようと思います。

| appliances | 09:50 | comments(0) | - |
ファイルメーカー
店ではファイルメーカーというソフトを使い、データベースを自作しています。

お届け先や顧客の情報、届けたお花の画像などを記録し、必要な時にすぐに見られるようにしています。

iPadやiPhoneでも見られるので、かなり手軽に入力、閲覧出来ます。

一度入力した内容は次回から入力する手間が省けたり、伝票のお客様控えや納品書、請求書、領収書、ハガキの宛名など、色々な形態にプリントアウト出来るのも利点です。

何か不具合や不便に感じることがあると、その都度修正を加えながら一年以上かけて作ってきたので、最近はかなり便利になってきたと思います。

世の中には色々なデータベースがあると思うけど、花屋に特化したこういうソフトって見たことがなく、ひとくちに花屋と言ってもそれぞれ中身がかなり違うと思うので、やはり自作が一番なのだろうなと思います。

あれもこれもやりたいと思い、かなり機能的になったと思うのですが、作ってみて思うのは、花屋ってかなり色んな情報を扱っていて、それを整理して記録するためには、結構複雑なシステムが必要なんだなという事です。

例えば美容室などのデータベースならもっとシンプルな作りでも十分賄えるのだろうなと思います。

何にしても、人通りのよい場所で、絶えず新しいお客さんを相手にする店ではあまり必要ないのかもしれません。

ウチのような小さな店で、何度もご利用してくださるお客様がほとんど、という環境だからこそ必要なシステムなのかもしれません。

ビッグデータを扱って戦略的にビジネスを展開していこうという意図も力もなく、あくまで顧客側の利便性を高めるためのものなので、運用にはご理解いただきたいと思います。

もし、前にご自分が届けたお花の画像やご予算、日にちなど、聞きたいことがあれば、お答え出来るかと思います。

2013年以降のものは大体記録が残ってるかなと思います。
| appliances | 15:40 | comments(0) | - |
二丁使い
squareカードリーダーを使って、お客様がクレジットカードでの代金支払いを出来るようにしてたのですが、数ヶ月使ってみて、大変便利でお客様に喜ばれる反面、肝心な時に作動しなかったり、僕以外の者がなかなかうまく使えなかったりと、不満な点も見えてきました。




そこでこの度、同様のサービスを展開するライバル会社、楽天スマートペイのカードリーダーも導入。





不具合が起きた時ももう一方のリーダーを使って、なんとか切り抜けたいと思います!




これはiPadやiPhoneのイヤホンジャックに差し込み、専用のアプリを使う事でカード決済出来るようになってます。





楽天スマートペイのよいところは何と言ってもJCBが使えることでしょうか。




まだJCBの独自審査が通ってないのですが、通り次第、JCBもご利用いただけるようになりますので、その時は改めてご案内いたします。




今まで使用していて感じたsquareのイマイチな点は、第一にそのJCBが使えないところでしょう。




導入時に調べた普及率や利用者数などでは少なくなってるのですが、数字で出ている以上にJCBの人多いです。きっと地方都市では結構JCBを使ってる人が多いのかも、と勝手に思ってます。




あと第二にその使い勝手。




カードを通すのにも少しテクが必要みたいで、僕以外の人間では全く作動しないということもザラ。




誰がやってもウンともスンともいわないこともあり、調べたらアップデートの通知が来てて、アップデート後は正常に作動したけど、もちろんお客さんを待たせてそんなことなどしてる時間はなく、ご迷惑を掛けたということも数度。




第三にレシートの専用プリンターが必要なのも考えものです。




会社の経費にされる方などはメールなどではなく、紙のカードご利用控えが欲しいところ。




高額な支払いをしてるのに、証明する紙一枚も受け取らないなんてスタイルは、いくら合理的でも風習と乖離し過ぎで受け入れられないと思います。




やはりカードの下四桁と端末や店舗の番号が印字された紙は、決済を行った会社名義で発行すべきでしょう。




JCBが使えるようになって、不具合などもなくなれば高額な専用プリンターでも買おうかなと思ってたのですが、今のままではちょっとその気になりません。




せめて明細の画面をAirPrintでプリントアウト出来るとか、他のプリンターアプリで開けるようになっていたら、スムーズに印刷出来るのですが…




楽天の方もまだ試しに一度使っただけですが、使い勝手はそれほど変わらない感じ。




やはり一方が使えなかった時のために、二つ用意しておくのが賢明と言えそうです。




楽天とsquareの比較は他のサイトでもよく見かけて、導入の際の参考にしていたのですが、実際に使ってみて発見した事があります。




squareではレシートをお客様の携帯端末に送る際はSMSを使い、そこに記載のリンクからWeb上のご利用明細を閲覧するという形式で、これは電話番号を入力するとすぐに送れるので素早いです。




楽天の方はご利用明細自体をEメールで送るので、メルアドを入力しなくてはいけません。




人によってはメルアドがすぐに出てこなかったり、やたらと長かったりと、ちょっと入力に時間が掛かりそうです。




あと、楽天の方はとにかくカード決済に特化したアプリという感じですが、squareの方はレジアプリとしての機能が充実していて、freeeなどとも連携して使えるので、そういう使い方をしていけば、経理などの面ではさらに便利になりそうです。




でも楽天スマートペイのレシートプリンターは、安く購入できるものもあり、楽天銀行の口座を作ったら、決済代金が振り込まれてくる際の振込手数料も無料になるので、かなり楽天の方に傾いています。
| appliances | 14:47 | comments(0) | - |
便利な事は便利。
今年からfreeeを導入して記帳してます。







ウチではiPhone、iPad、Macとフル稼動していて、アプリや他のハードウェアも含めてその連携には大変満足しているのですが、ただ一つ不便に感じていたのが経理の仕事。



帳簿を付ける時だけはどうしてもブートキャンプでWindowsを立ち上げてWindows用のソフトを使って記帳してました。



いちいち切り替えるのは効率も悪く、ちょっとした空き時間に記帳する、というわけにもいかなく、ついつい作業がたまってしまうものです。



freeeはクラウド型のソフトなので、インターネットに接続出来ればどのパソコン、iPad、iPhoneでもログイン出来て、小まめに記帳出来ます。



帳簿を確認するのも、iPhoneから手軽に開けるので、場所や時間に捕われずに、見たい時に見られる様になりました。



圧巻なのは銀行口座やクレジットカード明細との連携!



同期出来るので自ら打ち込まなくても半自動で記帳出来ます。



決まった出費や引き落としなどの記帳には大変便利です。



信金の口座とも同期出来たのが嬉しいところです!



正直あまり期待してなかっただけに、同期出来た時は驚きでした。



インターネットのサービスを提供してる金融機関、カード会社なら大抵同期できるのではないでしょうか。



肝心の使い勝手はやや癖が強いと言うか…経理の知識が無い人でも簡単に記帳出来ると謳ってますが、逆に基本的なことが分からないと全然扱えない様な気がしました。



お陰様でサポートセンターには何度も問い合わせました。。



でも対応が良く、細かいところまで教えてもらえたので、今ではストレスなく使えるようになりました。



あとiPhone、iPad用のアプリも使えないです。iPhoneからでももっぱらSafariで開いて記帳してます。



導入するなら年の頭からじっくりやった方がイイんだろうなと思います。
| appliances | 16:05 | comments(0) | - |